2014年02月18日

≪終了≫3/12 メダカのがっこう米の健康ぬか床作り教室♪

0915donabe.png野菜をぬか漬けにすると野菜の栄養が引き出され、この栄養素を餌にして乳酸菌が増えます。
ぬか漬けの乳酸菌は植物性で、日本人の腸に生きたまま届きやすく、腸内環境を整える働きがあります。

腸内環境を整える事で、免疫力が上がり、美肌効果が期待できます!

今回はメダカのがっこう米の新鮮なぬかを使用します!

美味しく健康的なぬか床を作り、毎日の食卓に乳酸菌いっぱいのぬか漬けを並べましょう!

続きを読む
posted by medaka at 11:15| 自給自足体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

≪終了≫3/3・8 醤油作り 個人参加コース♪

メダカのがっこうでは、自給自足を進めるために手造り醤油に挑戦しています。

この醤油造りは、10年前に92歳で亡くなられた萩原忠重さんが独学で研究された素人でも失敗しない画期的は方法で、自給自足を目指している人たちにとってとてもありがたい技術です。手造り醤油の指導者、岩崎洋三さんは、萩原さん亡き後、引き続き研究されている方です。

原料は、1樽で15kgの無農薬栽培の大豆と15kgの無農薬栽培の小麦をメダカのがっこう会員農家から用意し、この運動に協力して下さっている麹屋さんに麹をつけていただきます。

これに12kgの塩(Flower of Oceanシホ)で塩切りという作業をし、33リットルの水を入れてモロミを作ります。

このもろみの仕込みを3月にやり、それを車で家に持ち帰り、指導に従って天地返しをしたり、日光浴をさせたり、雨に当てないように世話をしながら熟成させます。その樽を翌年3月(予定)に持ち寄って、岩崎先生に一日がかりで順番に搾っていただきます。

1樽30升の醤油を造るのには、かなりの情熱と仲間が必要です。
これをメダカのがっこう中村陽子と一緒に作りましょう。
色々な工程がありますので、できるだけ参加してくださいね。

今までは1樽30升単位の募集でしたが、昨年から小口に分けて個人参加コースを用意しました!
挑戦してみたい方はせひこの機会にお試し下さい。

◎昨年度の参加者レポートはコチラ

続きを読む
posted by medaka at 11:07| 自給自足体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

≪終了≫3/8 2014年の醤油仕込み in 近藤醸造店(東京都あきる野市)♪

メダカのがっこうでは、自給自足を進めるために手造り醤油に挑戦しています。

この醤油造りは、10年前に92歳で亡くなられた萩原忠重さんが独学で研究された素人でも失敗しない画期的は方法で、自給自足を目指している人たちにとってとてもありがたい技術です。手造り醤油の指導者、岩崎洋三さんは、萩原さん亡き後、引き続き研究されている方です。

1樽、15kgの無農薬栽培の大豆と15kgの無農薬栽培の小麦をメダカのがっこう会員農家から用意し、この運動に協力して下さっている麹屋さんに麹をつけていただきます。

ご自身では、12kgの塩(こだわりの塩があれば)をご用意ください。
こちらで、伊豆大島の阪本章裕さんの塩フラワーオブオーシャン12kgをご用意することも出来ます。
その場合、材料費は68,000円となります。

仕込みの日には、醤油麹約28kgを受け取って頂き、その場で広げ12kgの塩を均等に揉み入れます。(これを塩切りといいます。)
ここまでを岩崎洋三さんの指導で行い、その後の管理の仕方を教えて頂きます。

これをご自宅に持ち帰り約33Lの水と併せてもろみを作ります。
1樽はもろみの量で70Lの樽に一杯。
その後、自分たちで天地返しなど世話をして醸造させ、翌年2月頃、搾りの会場(五風十雨農場)に持ち込み、搾り師さんたちに美味しい醤油に搾って頂きます。

出来上がりの量は、一升瓶約30本分です。
30升の醤油を造るのには、かなりの情熱と仲間が必要です。
一人で出来る仕事ではありません。家族、親戚、友人グループなどで協力して初めて手に入れられる至高の手作り醤油です。

仲間が見つからない方、人数が足りない方は、東京方面の場合、メダカのがっこう事務局でグループ組みをしますので、個人参加でお申し込みください。
※個人参加についてはお問い合わせください。

ハードルは乗り越えられる高さです。
詳しくは、どうぞ説明会へご参加ください。 
⇒説明会への申し込みはコチラ

原料から無農薬無添加の醤油造りは自給自足の要です!!
感動する美味しいお醤油が作れますよ!

◎参加者レポート
醤油仕込みはコチラ
醤油搾りはコチラ

続きを読む
posted by medaka at 11:05| 自給自足体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

≪終了≫3/3 2014年の醤油仕込み in 五風十雨農場(山梨県白州町)♪

メダカのがっこうでは、自給自足を進めるために手造り醤油に挑戦しています。

この醤油造りは、10年前に92歳で亡くなられた萩原忠重さんが独学で研究された素人でも失敗しない画期的は方法で、自給自足を目指している人たちにとってとてもありがたい技術です。手造り醤油の指導者、岩崎洋三さんは、萩原さん亡き後、引き続き研究されている方です。

1樽、15kgの無農薬栽培の大豆と15kgの無農薬栽培の小麦をメダカのがっこう会員農家から用意し、この運動に協力して下さっている麹屋さんに麹をつけていただきます。

ご自身では、12kgの塩(こだわりの塩があれば)をご用意ください。
こちらで、伊豆大島の阪本章裕さんの塩フラワーオブオーシャン12kgをご用意することも出来ます。
その場合、材料費は68,000円となります。

仕込みの日には、醤油麹約28kgを受け取って頂き、その場で広げ12kgの塩を均等に揉み入れます。(これを塩切りといいます。)
ここまでを岩崎洋三さんの指導で行い、その後の管理の仕方を教えて頂きます。

これをご自宅に持ち帰り約33Lの水と併せてもろみを作ります。
1樽はもろみの量で70Lの樽に一杯。
その後、自分たちで天地返しなど世話をして醸造させ、翌年2月頃、搾りの会場(五風十雨農場)に持ち込み、搾り師さんたちに美味しい醤油に搾って頂きます。

出来上がりの量は、一升瓶約30本分です。
30升の醤油を造るのには、かなりの情熱と仲間が必要です。
一人で出来る仕事ではありません。家族、親戚、友人グループなどで協力して初めて手に入れられる至高の手作り醤油です。

仲間が見つからない方、人数が足りない方は、東京方面の場合、メダカのがっこう事務局でグループ組みをしますので、個人参加でお申し込みください。
※個人参加についてはお問い合わせください。

ハードルは乗り越えられる高さです。
詳しくは、どうぞ説明会へご参加ください。 
⇒説明会への申し込みはコチラ

原料から無農薬無添加の醤油造りは自給自足の要です!!
感動する美味しいお醤油が作れますよ!

◎参加者レポート
醤油仕込みはコチラ
醤油搾りはコチラ

続きを読む
posted by medaka at 10:52| 自給自足体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

≪終了≫3/5 飯炊釜を使った美味しい玄米の炊き方教室♪

0725donabe.jpg土鍋で美味しいごはんを炊こう★

私たちが毎日食べるご飯。

新米が待ち遠しかったり、炊き込みご飯の香りにワクワクしたり、病気の時にはお粥でホッとしたり。
いつも当たり前にあるものだけど、その当たり前がとっても美味しいものだったら、毎日が楽しみになりませんか?

飯炊釜(はんすいがま)という、職人さんがひとつひとつ手作りしているご飯専用の土鍋を使って、おいしいお米の炊き方のコツを学びます。

この土鍋は内側が炭状になっている事で水を浄化し、遠赤外線効果でふっくら炊き上げることができます。
また、非常に肉厚のため自然圧と蓄熱効果が高まり、おいしいご飯が短時間で炊き上がってしまうすごい鍋なのです。

「美しい味」と書いて「美味しい」。この言葉を実感できる土鍋です。
炊き上がりの違いを是非味わってみてください。

※炊飯釜についてはコチラ

続きを読む
posted by medaka at 10:27| 自給自足体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

≪終了≫3/1 水口農場でにんじん収穫体験♪

waraninjin.jpg毎年恒例!水口農場での春のにんじん収穫です。
  
水口さんのにんじんのおいしさは、皆さんご存知だと思います。
そのにんじんが掘り放題だとおっしゃってくださっています。
収穫したにんじんは水口さんから皆様への日頃の感謝の気持ちです♪

この機会に、水口農場へ出かけてみませんか?
それが自給自足の里の村人になる第一歩です!
未会員の皆さまも、体験いただけます。

続きを読む
posted by medaka at 10:16| 自給自足体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

≪終了≫2/23-24 第6回田の草フォーラム in 伊豆♪

tanokusa.jpg田の草フォーラムは、命を大切にする農家と消費者が手を結んで、
生きる環境と安全な食料に困らない日本を次世代に残すために集まる清々しい会です。
思いを同じにするみなさん!立場を超えて繋がりませんか。

2年に1回の田の草フォーラムも6回目となりました。
今年も自然農法センターや民間稲作研究会のご紹介で、気象条件も土壌も周辺環境全く違う田んぼで、無農薬栽培をがんばっている田んぼの達人や田の草卒業生の方々に発表して頂きます。

農法や技術以前に大地の健康状態にスポットを当てます。
薬を使わずに自然の働きを見方にする自然農法や有機農業には大地の危機的状況が大きく影響するからです。
今や呼吸困難に陥っている日本中の大地の再生方法や改善例などをご紹介します。

続きを読む
posted by medaka at 17:13| 講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

≪終了≫2/25 甘酒の作り方 白と黒♪

amazake.jpg栄養価が高く、飲む点滴と称される甘酒。

米麹の酵素を利用して造った日本固有の飲み物で、消化吸収を助け、
食事から栄養を効率よく体に取り込む助けをする優れた飲み物です。

麹とお米だけで作る作り方をマスターして、日々の生活に甘酒を活かしてみませんか?

お料理の味付けやお肌に塗ることだって出来ちゃいます!

続きを読む
posted by medaka at 04:00| 自給自足体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

≪終了≫2/22 タイコウさんの出汁取り教室<基礎編>のご案内♪

dasitori.jpgお出汁ひとつで料理が劇的に変わる!
かつおのプロに聞く、おいしい楽しい出汁とり教室!
いつもお出汁を取っている人も、お出汁初心者の方も、プロの方だって大歓迎!


出汁とり教室でこんなことがわかります

●なるほど! かつお節のつくりかたあれこれ
●納得! 削りたてのかつお節の美味しさを味わってみよう!
●実践! 削り器でかつお節を削ってみよう!
●びっくり! 美味しいお出汁は、塩だけでとっても美味しい汁物になる!!!

是非味わって頂きたいです☆

★おいしい出汁を使ったお料理をご用意しています
★お出汁のお土産付き!是非ご家族にも!

講師のタイコウさんは…

伝統ある漁法・製法で作られた一本釣り鰹のかつお節(枕崎産)を扱う専門問屋さんです。
丹精込めてかつお節を作る生産者を支え、おいしいかつお節の為なら妥協しません!
熱いハートと情熱をもった江戸っ子のすてきなおじさまです。
お米ダイニングの「おかかおむすび」はタイコウさん特製ブレンドのおかかを使っています

続きを読む
posted by medaka at 03:57| 自給自足体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

≪終了≫2/19 土鍋(マスタークック)を使ったお料理教室♪

0915donabe.png土鍋はゆっくりと食材に火が回り、素材本来の旨みや甘みと栄養価が引き出されます。
馴染みのない方でも、是非土鍋での調理法を覚えて健康にお役立てください。

貧血、冷え性、低体温、低血圧症、便秘、花粉症、アトピー……。
身体の不調に悩む人は多くいるけれど、「病気は食歴」と言って原因はいままでその人が何を食べてきたかにあるのです。
食を正せば治りますよ。

米中心の穀物菜食にして、いい塩気をしっかり摂って、まず自分の血液と細胞、体を立て直すことが大切。
欧米のカロリー栄養学に惑わされず、日本に古くから伝わる陰陽に基づく正しい食事の方法を学びましょう!

今回は、栃木の水口農場のみみちゃんこと鈴木御神子さんが講師です。
水口農場ではにんじんや菊芋・ヤーコンなど薬効成分の塊の野菜が旬を迎え、それらをおいしくいただくための料理をマスタークックを使って伝授いたします。
ご期待ください!
続きを読む
posted by medaka at 03:49| 自給自足体験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。